家電は今や生活の必需品。自分にぴったりの家電の選び方や便利で長持ちする使い方などを家電マニアがまとめています。

加熱の仕組み

加熱の方法を知ろう

3通りの加熱方法

加熱方法には、「対流」「伝熱」「放射(輻射熱)」の3通があります。
実際の調理では、これらを組み合わされた形で加熱することになります。

  • 対流加熱
    「対流加熱」は、
    温まった水が上昇するように
    液体や気体が移動することで熱が伝わる加熱方法です。
  • 伝熱加熱
    「伝熱加熱」は、
    熱が物質を伝わっていく方法です。
    鉄の棒の片方を加熱すると、いずれ反対側も熱くなります。
    この熱の伝わり方が、伝熱加熱です。
  • 放射加熱
    「放射加熱」は、太陽が地球を温めるのが代表的ですね。
    この場合は、太陽光(いろいろな波長の電磁波が混ざっています)が、
    直接、物質に働きかけて温度を上げているわけです。

遠赤外線と加熱

遠赤外線は、太陽光に含まれる電磁波の一つです。
可視光線や紫外線と同じ電磁波の仲間です。
物質の表面からは、程度の差はあるものの、電磁波の形でエネルギーが放出されています。
そのエネルギー量は、物質自体の温度が高くなるほど大きくなる性質があります。

電磁波の一つある遠赤外線の性質として、空気に吸収されにくく、食品などの高分子物質には吸収されやすいといったことがあります。
食品に吸収された遠赤外線のエネルギーは、電子レンジのマイクロ波と同様に物質の分子を振動させて温度を上昇させます。
これが遠赤外線加熱とよばれる現象ですです。

遠赤外線加熱と電子レンジの違い

マイクロ波による加熱は電子レンジでおなじみですが、
遠赤外線加熱とのちがいは電磁波の振動数の違いによります。
遠赤外線の振動数はマイクロ波の約1万倍で細かく震えるように分子を振動させます。

  • 電子レンジと、組成変化
    マイクロ波では分子を激しく回転させますので、組成変化を起こす場合があります。
    本来の分子構造が壊れてしまうといったことです。
    すぐに健康に影響が出るといったことはないですが、いちおう知っておいたほうが良いと思い書きました。

確かに便利な電子レンジ加熱ですが、健康に気を使う方があまり使いたがらないのは、こういったことがあるからです。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional