家電は今や生活の必需品。自分にぴったりの家電の選び方や便利で長持ちする使い方などを家電マニアがまとめています。

布団クリーナーの選び方

布団クリーナーの選び方

布団クリーナー選びに必要な基礎知識

ダニの生態を知ろう

布団クリーナーで取り除きたいもののひとつに、ダニやダニのフン,ダニの死がいがありますね。
布団クリーナーの宣伝では、強力な吸引力で吸い取るのがいいとか、紫外線で死滅するとか・・いろいろとアピールされていますね。
実際のところは、ダニの生態を知るところから始めてみると、満足のいくものが選べると思います。

布団に潜むダニの生態Q&A

Q1:ダニは何を食べて生きているのでしょうか?
A1:人の垢やフケ、髪の毛などを食べています。

Q2:ダニの繁殖が活発なのは、いつ頃でどのような環境なのでしょうか?
A2:ダニが好む環境は気温20℃~30℃ 湿度65%以上です。春から夏にかけて増えていきます。
ダニは2~3カ月の寿命で、秋頃から死がいが増える傾向がございます。また、最近は暖房器具・
断熱素材の住居など、冬場も屋内は暖かく、ダニも年中生息しやすい環境となっています。

Q3:ダニはどのぐらいで死滅するのですか?
A3:ダニは光や熱に対する反応が早く、お部屋の明かりをつけるだけで光が届かないふとんの奥に逃げるそうです。
つまり、紫外線の照射で死滅させるためには相当強力でなければいけません。
また、熱に対しても布団全体を50℃以上で20分~30分保たなければ死滅しません。

Q4:効果的な、布団掃除はどうしたらいいのでしょうか?
A4:ダニは湿度50%以下になると増えにくくなるので、エアコン・布団乾燥機・除湿機・外干しなどで
湿気を抑えたり、ダニのエサとなる人の垢やフケ、アレル物質(ダニの死がい・糞)などをこまめに
お掃除することが効果的です。

Q5:ふとんの水洗いはどうしていいの?
A5:水洗いできる布団も増えてきました。汗やフケなどの汚れを落とせるのももちろんですが、
アレル物質のダニの糞も水溶性で水洗いで除去することが出来ます。
ふとんクリーナーのダストカップにもこのようなものを含むハウスダストを集塵しますので、
適度に水洗いをしていただくことで、クリーナーも常に清潔にお使いいただくことが出来ます。

東芝 VC-CLF1 (2015年7月発売)

毎日でも布団掃除をしたい方に勧めたい機能重視の一台

コードレスで手軽さを選ぶ方にオススメ

布団は毎日使うものですね手軽に取りだせ、軽い操作で気持ちよく使えることがこまめに布団掃除ができることにつながります。
コードレスタイプを採用していますので思い立った時に手軽に布団掃除ができいつでも布団が清潔です。

1回の充電での布団への掃除機かけは、4枚分

重さはなんと1.8kgと軽くなっています
ベッドや 布団、ソファーやクッションなどにもヘッドが密着しやすいようにフリーアングル設計となっていますのでしっかりとした吸引ができます。
軽い操作ができることにつながるグリップの形状は自由な角度で握れるような設計がされています。
''1回の充電での布団への掃除機かけは、シングル布団4枚分''を目安となっています

長寿命のリチウムイオン電池は、2000回の充放電が可能

またバッテリーは、''2000回もの充電''が可能で 長寿命のリチウムイオン電池を採用しています
寝具と言っても敷布団 掛け布団 羽毛布団などがありますね
東芝のVC-CLF1は、いろいろな布団にも対応できるよう三つのモード (自動モード,掛けふとん モード,羽毛モード)があります

布団をたたくことで、内部の塵まで取り除く

特徴は、布団を強力な吸引力とたたきの効果で布団の中にある アレル物質を取り除きます。
ふとんの製造者に確認したところ、布団をたたいてゴミを浮かせ吸い取るのが一番効果的とのことです。
強い吸引力だけでは取り除くことができなかった布団内部の塵までを叩きだすことで吸い込みやすくしています。
布団の中に潜む塵やダニをたたき効果と吸引力で取り除くというものです。

ごみ捨て回数が少なく、ダストケースやサイクロン部分までもが水洗いでき清潔

吸い取ったった ハウスダストは、ダストケース内で1/2に圧縮されるためゴミ捨て回数が少なく大変便利です。
また、衛生にも気を使ってあり、ダストケースだけでなく サイクロン部分水洗いが出来るようになっています
ここのところは大変重要だと思います
ダイソンものサイクロン方式を使っていますが、水洗いはできない設計となっています

羽毛布団を使っている方は、羽毛モードで!

たたき機能がついているけれども 羽毛布団の場合は たたき機能をオフにして使うことです

ダニは熱や光から逃げる性質がある

熱や紫外線でダニを殺す機能はついていませんダニは熱や光から逃げる性質があるので効果が薄い というのがついていない理由のようです

シングル布団の場合 およそ1分半で掃除できる

フル充電で 連続使用時間は 自動モードで 20分から25分程度強モードで6分程度となっています
よく売れているダイソンの布団掃除機のヘッドの幅と比較するとかなり幅の広いヘッドを採用しています
シングル布団の場合 およそ1分半で掃除が 終わるのが目安です。
掃除機かけの時の使い勝手ですが、重心が手元にあるので取り扱いが楽になっています。
また、ダストケースが下についていないため 布団を擦ったりすることがなく快適で。
本体の中心が下にあるタイプは意外と重量が感じられます。
ゴミが あるのか綺麗になったのかを知らせるお知らせランプがついているのはありがたいです。不必要に長時間かける必要がなく 必要なだけの時間で 布団掃除が終わります。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional