家電は今や生活の必需品。自分にぴったりの家電の選び方や便利で長持ちする使い方などを家電マニアがまとめています。

扇風機の選び方

扇風機の選び方

風の質について考える

価格の安い高いの大きな違いは、風の質でしょう。

DCモーターのタイプが、高級だとか、消費電力が少ないだとか、機能的な違いを上げればいくつもあるのですが、
実際に使いシーンでの一番の違いといったら、風の質ということに尽きると思います。
もちろん、使い方によって求められる質に違いはあるでしょうが、要は、気持ち良い風かどうかということです。

風の強さ

  • 強い風では、差が出にくい 
    安いものでも、強い風なら満足いくレベルです。ただモーターの回転数を上げれば良いだけですから、高級機との差が出にくい部分です。ただ、風の滑らかさを考える場合には、かなり違いが出ます。表現が難しい部分ですので、肌で感じてみるしかありません。
  • 弱風の違い
    弱風で、大きく差が感じられる。
    弱風では高級機であることがはっきりわかる部分です。
    特に微風といった、風が弱くなればなるほどに高級機の実力がわかりますね。また、高級機では、風の強さの段階も多く、より快適な風が選べます。
    赤ちゃんとかお年寄り,病気に方などが使う場合は、弱風,微風が選ぶポイントです。 低価格のものは、弱風そのものが強すぎる傾向です。特に注意して選びたいところです。

風の自然さ

如何に自然の風に近いかが快適な風の基準でしょうが、やはり高級機のDCモーターを使ったタイプがオススメです。
がぜん、滑らかな気持ちの良い風がでます。
最近は羽根の枚数が多いものが目立ちますが、多ければ良いというわけでありませんので、実際に肌で感じてから購入するようにしましょう。

  • リズム風
    メーカーによって、リズムとかランダムとかさまざまな名称で呼ばれています。
    安いもので一番満足度が低いのがこの機能だと思います。
    一部の機種など、強風と弱風を繰り返すだけのものもあり、不快ですらありますので、この機能を良く使う方には、安いものはオススメできません。
  • 滑らかさ
    風の滑らかさを追求すると、DCモーターを使ったものを勧めたくなります。
    高価格帯ですが、その分満足度が違いますよ。
    風の滑らかさだけでなく、音の静かさに加え、振動についてもほぼ感じられないほど低く抑えられています。

風の方向・・首振り角度

首振りをするか、しないのか・・だけでなく、首振りの角度を変えられるタイプが便利です。
広い範囲に風を届けたり、狭い範囲に限定したりと、使い勝手が良いです。

  • 立体首振り
    左右に首振りすることに加え、上下運動も加わり、立体的な空間に風を届けるには便利です。
    実際の使用では使用頻度が少ないですが、あれば便利といった機能です。

理想的な風を求めて、日本第一号扇風機を開発した東芝

  • 理想的な風のための羽根について
    扇風機を選ぶときに、羽根について考える方いらっしゃいますか?
    そのような方は、よほど繊細な感覚感性をお持ちなのではないでしょうか?
  • 羽根の枚数が多くなった
    長いこと扇風機の羽根といえば3枚羽根が主流でした。
    そんな中でも異色だったにが、4枚羽根でした。
    4枚羽根を採用していたのは、東芝でした。
    騒音や振動を抑えた羽根を目指して、1923年、大正12年には採用していました。以来、少しづつ形状やひねりの角度の改良を重ねてきました。
  • DCモーターの採用
    扇風機の歴史が大きく変わったのが、DCモーターと呼ばれる、高性能高効率のモーターの採用でした。
    東芝では、2011年、平成23年からDCモーター採用のモデルも発売しています。
  • 7枚羽根とDCモーターのコンビネーション
    そんなDCモーターの性能を最大限に発揮させ得る羽根として、7枚羽根となり、より自然な風に近づきました。
    風が滑らかに広がり、広範囲に気持ち良い風を届けることができるようになっています。
  • マイコンのプログラミングのイメージは、高原の風
    この滑らかな広範囲に届く風を生み出す"DCモーターと7枚羽根"
    のコンビネーションを、マイコンがコントロールすることで、高原の風を再現するようにプログラミングされています。

実に快適な風を感じられる扇風機となています。

扇風機とサーキュレーターは、何が違うの?

  • 開発設計の違い
    一口でいうなら、開発設計段階から、使用場面が全く違います。
    扇風機は、風を人に当てるといった場面を想定して開発されるのに対し、サーキュレーターは、室内の空気を循環といった使用場面を想定して開発されています。
    つまり、発生する風の質が根本から違うのです。
  • 人にあてる風を発生させる扇風機
    扇風機は、風を人に当てることを前提にしていますので、風にあたった時の気持ちよさを追求しています。
  • サーキュレーターは、部屋の空気循環の風を発生させる
    サーキュレーターは、部屋の空気を循環させることに重心を置いて開発されますので。如何に効率良く、部屋の空気を循環させられるか、要は、風が遠くまで届くかといったところが、開発ポイントになります。
  • サーキュレーターの風は、直線的
    その風は、直線的で遠くまで届くように設計されます。
  • 扇風機の風は、広範囲
    それに対し、扇風機の風は、より広い範囲に風を届けられるように設計され、人が気持ちよく感じることが要求されます。

☆☆☆
サーキュレーターは、風を人に直接当てず、部屋の空気を循環させ、温度ムラをなくすようにといったところが大切なので、人は温度ムラのない、快適な室内空間で快適さを感じることになります。

このように、似て非なるものですので、用途に合った製品を選ぶことです。

また、扇風機をサーキュレーターの代わりに使うとかする場合は、そのデメリットを知った上で使うことで、多少なりとも不満が減ると思いますよ。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional