家電は今や生活の必需品。自分にぴったりの家電の選び方や便利で長持ちする使い方などを家電マニアがまとめています。

掃除機の選び方

掃除機の選び方

掃除機の選び方 あれこれ

コードレスクリーナー

掃除機のタイプを選ぶ

掃除機を選ぶといっても、
一番初めに考えておきたいのが、
どの'タイプを選ぶ'かということです。
基本的なことなのですが、
意外と考えられてないので、
あえて、もう一度書いてみることにしました。

ロボットクリーナーを選ぶ

掃除機のタイプとして、大きく3つに分類できます。
キャニスター型クリーナー
コードレスクリーナー
ロボットクリーナー

上記の3つになりますが、
それぞれの特徴をみていくことにしましよう。

まず①キャニスター型クリーナーですが、
ごく一般的な掃除機であり、
どのご家庭にも一台はあるタイプです。
自分でキッチリ掃除することを前提に作られています。
高性能化のポイントは、
軽量化,吸引力,清潔性といったところです。

コードレスクリーナーは、
“サッと出してすぐに使える”
と表現できるように、
高性能化のポイントとしては、
即時性,軽量化,吸引力が主となっています。

ロボットクリーナーは、
家事時間を省きたいとか
労力の節約を目指したものであり、
”掃除をまかせられて、
掃除時間にとらわれない“ことを目標に、
高性能化のポイントは、
自動化,走行性,集塵力といったところです。

さて、どのように選ぶかですが、
各々のタイプの主だった特徴を考えていただければ、
ご自分の生活スタイルや要望を満たしてくれるのはどれか解かってくると思います。

仕事をもった主婦や、高齢世帯,そして子育て世帯,単身者世帯等、
最近は、掃除スタイルが多様化していて、メリハリのきいたモデルが良く売れるようになっています。
オールマイティーな掃除機はないということです。

これらのことからも理解していただけるように、一台の掃掃機で全てを賄えるモデルはありません。
なかには、ロボット掃除機だけで事足りるのでは?・・・と思ってしまう方もいらっしゃるのです。
何を主体にして掃除するのかを決めることで掃除機選びがスムーズになると思います。

(考え方の例)
(散らかし盛りの小さな子供がいる家庭の場合なら)
しっかり掃除する為にキャニスター型で、時には念入りに!
そして毎日は、散らかった場所だけ、コードレスクリーナーで、“サッ”と取り出し“ササッ”と掃除してスッキリ暮らす。

(ご年配の夫婦だけの場合なら)
高齢になるにつれ、重いキャニスター型の掃除機かけは、辛いものです。
散らかす人もいないのですから、出来るだけロボツトクリーナーに任せてしまいましょう。最近のロボットクリーナーは、性能が良くなりゴミ取りもだいぶ満足いくようになりました。
そして、取り残しや、気になるところを、コードレスクリーナ一で済ませるようにすると、掃除機かけから解放されますよ。

基本的なことから知りたい

吸い込む力

掃除機を選ぶときに、気になるのは吸い込む力だという方が多いですね。

ですが、実際の掃除ではそれほど強い吸引力が必要なわけではありません。

価格の高い掃除機に代表されるダイソンの場合ですと、
吸込仕事率は、170W位となっています。

逆に、価格の安い紙パック式の掃除機の場合、
吸込仕事率が500Wを超えるものも多いです。

では、掃除機の価格差はどこから生まれるのでしょうか?

ここでは、掃除機の性能比較に取り上げられる吸引力(吸込仕事率)は、ゴミを取る性能と同じには語れないということを覚えておいてください。

ヘッドで、ゴミ取り性能は大きく左右される

掃除機でのゴミ取り性能に大きく左右するのは、
ヘッドの部分になります。
このヘッドの 部分の駆動方式でゴミ取り性能が大きく変わってくるのです。
大きく二つに分けると、
ヘッドに回転ブラシが内蔵されているものとそうでないものがあります。
よほど安い機種は別にしてブラシを内蔵しているタイプが多いですが、この 回転ブラシの駆動方式で性能が大きく左右されます。

  • パワーブラシ(小型モーターを内蔵し、強力な回転力)
    性能の高い方式は、ヘッドに小型モーターを内蔵して、 モーターの力で回転ブラシを 駆動させる パワーブラシと呼ばれる方式があります。
  • タービンブラシ(回転力は弱いが価格が安い)
    もうひとつの方式は 、吸い込む時の風の力を利用して ブラシを回転させるタービンブラシと呼ばれる方式があります。

当然のことながら、専用のモーターで ブラシを回すパワーブラシの方が ゴミ取り性能も高くなっています。
また、価格も高く、 高級モデルに搭載されています。

  • 回転力に大きな差で仕上がりが違う

タービンブラシと パワーブラシの大きな違いは、 同じようにブラシが回転するといってもその回転する力にあります。

タービンブラシは、絨毯などの時に摩擦が強かったりすると回転が止まりやすくなります。

それに対して 、パワーブラシでは、
モーターで回転させているため、絨毯などのように摩擦が強い場合でも 回転が止まってしまうことはまずありません

  • ブラシの素材と形状でも変わるゴミ取れ性能

また、最近は、ブラシの植毛にも、様々な素材や形状が使われており、
フローリングから 畳 ,絨毯まで 対応できるようなタイプも発売されています。

フローリングの床しか掃除しないからタービンブラシで十分、と思いがちですが、
パワーブラシの回転による床磨き効果を考えると、パワーブラシの価格が高いといってもその価値は十分にあります。

排気の綺麗さについて

  • 窓を開けないメリット
    掃除機かけをする時、皆さんは 窓を閉めたままにしますか、窓を開けてからかけますか?

エアコンを使っていて快適になっている部屋の窓を開けてしまうのはもったいないですね 。
掃除機の排気が綺麗ならば、部屋の窓を開けないで掃除機かけをすることができます。

  • 排気清浄フィルターを知っておこう
    さて、掃除機の排気の綺麗さについてですが 、
    サイクロン方式,紙パックの場合 どちらも排気清浄フィルターが高性能であることが大切です。
    一般的な高性能フィルターは、"HEPAフィルター" と呼ばれています。
    HEPAフィルターが使われているタイプは、排気の綺麗さをアピールしている はずです。
    一部の機種にもっと高性能な ULPAフィルターといったものもあり、一番高性能なフィルターとなっています。
    これらのフィルターを使ったタイプは 空気清浄機なみの排気性能があり、
    健康に気を使う方や 締め切った部屋で掃除機かけをしたい方には、おすすめのタイプとなります。
  • フィリターを通らない排気に注意
    比較的価格の安いモデルでも、HEPAフィルターを使っているタイプもありますが、
    掃除機本体の密閉度が低い場合は 、排気がフィルターを通らずに本体の外へ排出されてしまいますので、
    やはり、排気のの綺麗さをアピールしているような高級機に信頼がおけます。
  • 紙パックは、メーカー指定の純正品に限る
    紙パック式の掃除機の場合は、
    基本的に紙パックの性能次第となりますので、メーカー指定の純正品がおすすめです。
    価格は多少高いですが、綺麗な排気となります。
    メーカー指定の純正品には、いくつかの種類がありますが、高価格なものほど綺麗な排気となっています。
  • サイクロン部分でのゴミの完全分離は不可能
    サイクロ方式で有名なダイソンですが、排気の綺麗さを、かなりアピールしていますが、
    サイクロン部分でのゴミの完全分離は不可能です。
    ダイソンでさえも、フィルターを使って排気をきれいにしていることになります 。
  • 排気の綺麗な掃除機を選ぶポイント

排気のきれいな掃除機が欲しい方へのまとめですが、
排気清浄フィルターの高性能なものを選ぼうということになります 。
高性能な排気清浄フィルターは。
"HEPAフィルター" か "ULPAフィルター"になります

音の静かさについて

掃除機かけの時の音はかなり大きく、夜の掃除機かけは控える方が多いと思います。
モーターを高速回転して、吸引力をつくりだしている以上、
大きなモーター音が発生するのは、仕組み上仕方ない部分でもあります。

そこで、対策としては、ボディ本体をしっかりと作り込むことによって、
モーターの発生を本体の外に漏らさないことが大切になってきます。
しかし、吸い込んだ空気を、排気しなければいけないので、完全密封するわけにはいきません。
また、モーターからの発生する熱が大きく、冷却のため、外部に熱を逃がさなくてはなりません。

  • マナーモード,エコモードで静音化対策 [#y6adfaf6]
    そのような制限がある中でとられている対策は、
    通常の掃除のときには、不必要に強力なならず、でもゴミ取り性能は犠牲にしない妥協点でのマナーモードとか エコモードといった、
    モーターの回転音を押さえることによって、静音化をしているモデルがほとんどです。
  • 音の高低で、耳障り度どが変わる [#y87b42b5]
    また、ただ単に音が大きいとか小さいとかだけではなく、
    音の高い低いということでも、耳障りに感じたりもしますので、
    甲高い音のものは、避けたいものです。
  • ゴミセンサーの2つの効果 [#a80201e9]
    特に、夜の掃除をする方とかは、音の質が重要になりますので、実際に聞いてみて選ぶようにしましょう。
    また、必要最小限の時間で、掃除を終わらせることもポイントですので、ゴミセンサーがついているものを、お勧めします。
    時間効率が良いうえに電気代の節約にもなりますからね。

吸引力とゴミ取れの関係について

注意:カタログや家電量販店などで表記されている"吸込仕事率"に惑わされないこと。

国内と海外の違い~計測の視点から

  • 国内・・吸込仕事率
    日本固有の基準値である
    日本国内では、吸引力のことを吸込仕事率と呼んでいる。
    吸込力の強さをW(ワット)で表したもの
    • 吸込仕事率を求める計算式
      吸込仕事率=真空度(Pa)×風量(㎥/分)×0.01666
      これは、JISで規格として決められている。
      では、どんな状態で測るのかというと、
      床ブラシを外した状態で、延長管の先で測ることになっています。
      吸込仕事率における真空度は、ゴミを浮き上がらせる力であり
      風量は、浮き上がらせたゴミを運ぶ力ということができます。

真空度と風量とをかけ合わせた数値を比較していることになります。
真空度は、ゴミを浮き上がらせる力であり、高い方が重いゴミも吸い込むことができます。
風量については、浮き上がらせたゴミを運ぶ力と考えることができます。
真空度が高くても、吸い込める空気の量が少ないと、単位時間当たりのゴミ取れ性能は悪いことになります。
真空度が低いと、吸い込める空気の量が多いとしても、重いゴミとかジュウタンの中のゴミなどは、取れにくくなります。
消費電力を表すにもW(ワット)といった単位が使われているため、混同しないようにしましょう。

  • 吸込仕事率=ゴミ取れ性能ではないということ
    吸込仕事率は、ヘッドを付けない状態で測っているため、実際のゴミの取れ方を表す数値ではありません。
    吸込仕事率が高いといっても、ヘッドの性能を考慮していないため実際のゴミ取れ性能を表しているのではないことを知っておきましょう。
    消費電力のW(ワット)が高くても、吸込仕事率としてのW(ワット)が高いことにはなりません。
    吸込仕事率は掃除機を選ぶ際の目安程度には使えるでしょうが、この数値で性能を優劣することはできません。
    吸込仕事率,ヘッド,排気,さらには、ゴミ捨て際の飛び散りゴミの有無など、総合的に判断することが大事です。
  • 海外・・ダストピックアップ率

海外(欧米)では、ゴミ取れ性能といった意味のダストピックアップ率という基準が採用されている。
国内メーカーでは、計測されていない基準値なので、吸込仕事率との比較はできない。

  • 計測の方法
    実際に床にゴミを撒いて掃除機かけをした場合、取り残したゴミの量を計測するといった実用的な方法
    試験ゴミとしては、「けい砂」という砂が使われている。

手間のかからないことを選ぶなら

  • 掃除桟の掃除はかなり面倒

手間がかからない掃除桟を選びたいという視点からの
サイクロン式のメリット・・

最近売れている掃除桟は、サイクロン式が多くなっています。
サイクロン式は、紙パック式と違って、紙パックを購入する必要がありませんので、
ランニングコストが安く、魅力的です。
中でも、フィルターレスのサイクロン式なら、吸引力が落ちないで、快適でもあります。

サイクロン式のデメリット

  • ゴミ捨て時のゴミの飛び散り
    最大のメリットである紙パックが不要というところが、最大のデメリットの一つでもあります。
    吸引力が落ちないのだから、何がデメリットなのでしょうか?
    それは、溜まったゴミを捨てる時です。ダストケースに溜まったゴミは、紙パック式と違って、カバーになるものがないですから、
    ゴミを捨てる時に飛び散る微細ゴミが少なからずでてしまうのです。
    ダストケースの形状によっても異なりますが、底の部分が開くようになっているもの(ダイソン)は、特に顕著なので、ハウスダストのアレルギーがある人は、注意しましよう。
    ダストケースが、カップ状になっているものは、微細ゴミの飛び散りも比較的少なくなっています。ゴミを圧縮しながら溜めるタイプなら、尚更飛び散りが少ないです。

サイクロン式のデメリット

  • 掃除桟の掃除が大変
    • ー般的サイクロン式=フィルターありの場合
      掃除桟の掃除が大変などと書くと、何のことかと思うと思います。
      それは、掃除機本体のメンテナンスのことです。
      ー船的サイクロン式は、ゴミを分離するのにゴミ遠心分離部分と微細ゴミ分離のフィルター(空気清浄フィルターではありません。)がありますが、ここの部分が、微細ゴミでまみれてしまうのです。
      ここを掃除(メンテナンス)する必要があるということです
      小さなハケがついているタイプが多いですが、一番のオススメは、水洗いができるタイプです。
      水洗いができて、分解と組立てが、わかりやすいものが良いと思います。
      分解組立てかやりにくいと、メンテナンス中に破損してしまうこともありますので、購入時に、ご自分で実際にやってみてから購入することが大切です。
  • 本格的サイクロン=フィルターレスの場合
    フィルターレスのサイクロンのデメリットも、上記の場合と同じと考えて問題ありませんが、ゴミ分離部分の水洗いについては、特に重要になってきます。
    フィルターレスの構造上、大きいゴミを分離した後の、微細ゴミの処理は、コーン状になった部分で行うことになりますが、微細ゴミですから、このコーン部分に、微細ゴミが、びっしりと、こびりついてしまいます。
    今までは、どうすることもできなかったので、メーカーは、この問題については何も触れていませんでした。
    フィルターレスサイクロン式クリーナーの雄といっても良いダイソンですら、2015年夏現在で、特に対策が施されていません。
    ところが、国内メーカーで、この問題をきれいに解決したタイプが、発売されました。
    宣伝が地味な為、知る桟会がありませんが、主だった家電量販店には、実演桟が用意されていますので、
    これから、フィルターレスの本格サイクロン式を購入しようと考えている方には、ぜひ気にしてもらいたいポイントです。
    この国内メーカは、東芝で、型名は、VC-MG900です。(下位モデルもあります)
    ゴミ分離部分のメンテナンスが、とてもやり易くて、水洗いが出来、衛生的なことこの上ありません。
    英国メーカーダイソンも、このあたりの改良をお願いしたいところです。
    吸引カが落ちないことに加え、実使用期間中ず一っと綺麗な掃除機が使えて、気持ちの良い生活環境が続きます。

==================================

重量で選ぶときの注意

掃除機は軽いのが売れていますが、デメリットも知っておこう

最近は掃除機を重さで選ぶ人が増えています。
小さいものが売れ、
大きくて重いものが売れなくなってきました。

確かに軽ければ、
持ち運びは便利だし掃除機本体を持ち上げての掃除も楽に間違いありません。
ですが ひとつだけ注意点を挙げるとすれば普通に力のある方は必要以上に軽いの選ばない方が良い場合もあります。

特にヘッドが軽すぎると掃除機かけのとき、
ヘッドをカーブさせた時にヘッドの端が浮き上がってしまい、ヘッドの浮きを押さえるために力を使うという、本末転倒なことにもなりかねません。

こんな事にも注意し、実際に使ってみる時は
ヘッドを前後に動かすだけでなくカープさせたりしながら使うこともしてみてください。

スムーズに移動できるか確認すると良いと思いますよ。

ふとん圧縮袋に使えない掃除機について

ふとん圧縮袋といえば押入れのスペースが有効に使え、
なかなか便利なものだと思います。

このふとん圧縮袋を使うのには掃除機が必要ですが、
どんな掃除機でも使えるかというと そういうものでもありません。

高級な掃除機程、
普通と違った使い方をすると安全装置が働いて止まってしまいます。

それに比べ、
安い掃除機は、安全装置がないものが多く、
壊れるまで動き続けてしまいます。

ふとん圧縮袋の場合は、
できるだけ収縮するまで空気を吸い出すわけですから 、
掃除機の普通の使い方とは違うために高級な掃除機ほど、
異状と判断して動作を止めてしまいます。

せっかく買ったふとん圧縮袋ですが 思うように小さくならなかった、
などという場合があることを知っておくと良いかもしれません。

音の静かな掃除機を選ぶなら

掃除機かけの時は、かなり大きな音がするのはご存知だと思います。

モーターを高速回転して吸引力をつくりだしている以上 、
モーターから大きな音が発生するのをとめることは出来ませんね。

そこで対策としては、
ボディ本体をしっかりと作り込むことによって
モーターの発生音を本体外部へ漏らさないことに尽きます。

吸い込んだ空気は、
排出しなければいけないので完全密封するわけにはいきません。

そこで とられている対策は、
あまり吸引力が必要でない時は、
マナーモードとか エコモードといった
モーターの回転低くを押さえることによって静音化をしている機能がほとんどです。

ただ単に音が大きいとか小さいとかだけではなく、

音の高い低いということも耳障りになったりとします。

特に、夜の掃除をする方とかは、
高い音=甲高い音は、避けたいところです。
そうでなくても夜は音が遠くまで伝わってしまいますので苦情のタネになりかねません。

さて本題に戻りますと、
静音化の為に必要な桟能は、
マナーモドとかのモーターの回転を低く抑えての運転ということになります。

普及タイプの掃除根ですと、
手動で切り換えるタイプが一般的ですので、
オススメは、センサーで吸引力を調整してくれるタイプです。

更に、ゴミセンサーがついていて、
ランプで綺麗になつたことを知らせてくれる機能がついていれば最高です。

無駄な掃除機かけをせずに済む上に、
必要最小限の時間で掃除桟かけがすみ、
余分電気代がかかりませんので、とても効率が良いと思います。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional