家電は今や生活の必需品。自分にぴったりの家電の選び方や便利で長持ちする使い方などを家電マニアがまとめています。

洗濯機の選び方

洗濯機の選び方

洗濯機の基礎知識

洗濯機の歴史

  • 大正11年 日本最初の電気洗濯機
    日本での最初の電気洗濯機は、
    三井物産株式会社が、アメリカのソール社(Thor)から輸入した かくはん式電気洗濯機で
    大正11年のことでした。
  • 昭和5年 東芝が国内生産販売開始
    昭和5年になると、東芝が国内での生産に成功して、ソーラー(Solar太陽)のブランドで 販売を開始しました.

この洗濯機が、第二次世界大戦の前後頃の国産洗濯機 唯一でした。
この洗濯機の方式は、かくはん式と呼ばれるもので、価格は370円、現在の価格に換算すると40万以上するという 高価なものでした。

  • 昭和28年 東芝がフーバー社風と技術提携
    昭和28年になると、
    噴流式洗濯機(洗濯槽の側面にパルセーターがあるもの)が、イギリスのフーバー社(Hoover) 輸入されました。
    その直後に、東芝がフーバー社風と技術提携し 製造販売を開始したのです。
    その後、他メーカーも競って製造販売を始め家庭用電気製品の普及が始まりました。
  • 昭和32年頃 うず巻式洗濯機の生産開始
    昭和31年頃から、噴流式のタイプが人気となり、
    昭和32年頃から は、噴流式に改良をくわえた うず巻式(洗濯槽の底にパルセーターがついているもの) 生産されるようになり,
    本格的に使われるよう なってきました。
    このころの洗濯機は、脱水機能はついていませんでした。
    手動のローラーで絞るタイプもありましたが、ボタンがかけてしまったりしてがっかりさせられたものです。
  • 昭和43年 全自動洗濯機が発売
    昭和39年になると、遠心式脱水機を組み合わせた二層式の洗濯機 が発売され、
    昭和43年には、全自動洗濯機が初めて発売されました。

その後の改善改良は、
省エネ,節水,洗浄能力,使い勝手, インテリア性能の向上 など、各社がしのぎを削っている通りです。

  • 現在 ドラム式洗濯機の人気が高まる
    現在では ドラム式洗濯機が人気になりつつあり 、
    洗濯から乾燥までボタンひとつで済むようになり、家事の負担が随分と軽減しています。

ただ単に汚れを落とすだけでなく、洗濯物に最適で質の良い仕上がりをめざし 、
ドライクリーニングが必要なものまで 家庭で洗えるようにもなっています。

洗濯機の機能を知ろう

モーターの種類

  • 強力な洗浄力で選ぶ
    東芝のアウターローターモーター
  • 静かなモーターを選ぶ
    アウターローターモーターの滑らかさ

アウターローターモーター

東芝ドラム洗濯機は、音が静かなのと強力な水流が作れるのが知られていますが、
動力に使われているモーターは、 海外仕様でも使っている15キロタイプのドラム洗濯機のモーターと同等です。

この強力なモーターは、アウターローターモーターといって、
モーターの外側のローターが回る仕組みになっており
大変トルクが高く また瞬時に反転を行うことが出来ます。

このような動きが出来る為に、
洗濯物を自由自在に動かすことにより
汚れ落ちを良くしているのです。

ゆっくり回転することもできるため
ソフトな運転も出来、
洗濯物に 優しいモードを選ぶことが出来ます。

洗濯槽の黒カビ予防ピコイオン カビプロテクト

お洗濯終了後、洗濯物を取り出してドアを閉め、スタートボタンを押すと、洗濯槽を ピコイオン除菌で清潔に(約60分運転)します。

洗えないものも除菌・消臭・微細なイオンが繊維の奥まで入り込んで、水洗いできない衣類や清潔に保ちたいぬい ぐるみなどを、除菌・消臭します。

いろいろな選び方

大容量洗濯機と、毛布洗いを考える

洗濯機の選び方

大容量の洗濯機を比較してみよう。
12 kg の洗濯機を発売しているのは、東芝とパナソニックになります。
大容量の洗濯機ですから、まとめ洗いはもちろんのこと毛布なども洗うことができます。
ここでは毛布洗いの大きな違いについて書いてみたいと思います。

パナソニックの場合は毛布を洗う時に、毛布洗いの専用ネットを使わなくても良いとアピールしていますね。
それに対して東芝の場合は毛布洗いネットを使って下さいと案内しています。
ここだけ聞けば毛布洗いネットを使わない方が便利ですから、パナソニックの方が使い勝手が良いように思ってしまいますね。
ではなぜ毛布洗いネットを使わなくて良いか考えてみましょう。ネットを使うということは布地を痛めないようにするために使いますね。そのネットを使わなくていいのですから、使わなくても布地が痛まないということになります。布地が痛まないというのはどのように洗っているのでしょうか?
実はパルセーターを回していないのです。毛布を折りたたんで洗濯槽の中に入れ、給水したらその後は洗濯槽がぐるぐると回転し始めます。どのように洗っているかイメージできたでしょうか?
洗濯槽の中で毛布を浸し洗いしている感じです。

さてもう一方の東芝の毛布洗いの場合はどうでしょうか?
東芝の場合の毛布洗いは専用ネットを使うことになっていましたね。毛布を畳んでネットに入れるひと手間があるからこその強い水流でしっかりと洗い上げます。パルセーターをしっかりと使い強い水流で洗いあげます。洗剤液もしっかりと循環しています。
普通のまとめ洗いの時のように、毛布洗いネットに入れた毛布が洗濯槽の中でしっかりと洗われています。

汚れを落とすといった意味ではこうした洗い方の方がいいと思いますが、いかがでしょうか?

汚れ落ちは多少悪くとも手間のかからない方を選ぶか、ひと手間かかってもしっかりと汚れが落ちる方が良いかは意見の分かれるところですね。

さてあなたならどちらを選びますか?

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional