家電は今や生活の必需品。自分にぴったりの家電の選び方や便利で長持ちする使い方などを家電マニアがまとめています。

ERーND500

東芝オーブンレンジ ERーND500(2015年6月発売)

東芝オーブンレンジの最高級モデル

ABCクッキングスタジオ使用モデルの実力

  • 姉妹機種が、クッキングスタジオで多く使われているだけに、実力派モデルです。
  • 他社にまねできない業界最高焼き温度350℃を実現している。速い焼き時間だけでなく、その仕上がりはズバ抜けている。

5cm深皿

  • 5cmの深皿を初めて採用。その発想カに加え、3品同時メニューは、忙しい主婦の見方です。

5cm深皿の便利なところ

  1. クッキングシートで仕切って、3品同時メニュー
  2. 少々、品がないかもしれませんが、深皿でそのまま食卓に出せて、豪華な食卓・・そして後片付けはラクラク

3種類の選べる解凍

  • レンジ解凍で失敗した経験のある人は多いはず。
    50gからの少量解凍も上手にできる″スチーム全解凍“ は、おどろき。
    お刺身については、食卓に並べて食べる頃にお刺身が解ける様な出来栄え。

東芝オーブンレンジ ERーND500を使ってみました

深皿を使っての自動調理

  • ナポリタン
    オーブンレンジだけで、ナポリタンが作れてしまったのには、感動した。
    麺を茹でる鍋や、炒める際のフライパンの準備と片づけがなく、ラクラク!
    ガスコンロが空いているので、スープ作りを並行してやったりと手際がよくて、時間短縮にもなった。
    また、麺茹での際のガスや鍋、フライパン洗いのお湯の使用なども不要となっったため、かなりのコスト削減にもなると実感。後かたずけは、深皿一枚をさっと洗っただけで終了でした。深皿のコーティングの良さも手伝って、洗うのが楽だった。

ただ一つのデメリットを上げると、時間がたった後の食感は、やはりフライパンで作ったナポリタンの方が上と感じた。というのも、多量の油を使うので当たり前といえば当たり前。それに比べて、東芝オーブンレンジ ERーND500の深皿自動調理は、油の使用が少量のためヘルシーこの上ないと感じた。

パン作り

  • 作ったパンは、クロワッサン、コッペパン、メロンパン、バターロールなど
  • 感想
    とにかくパンのふくらみが大きいことと、焼きむらの無いのが素晴らしい。オーブン機能はパン作りでの比較が一番わかりやすいと実感した。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional