家電は今や生活の必需品。自分にぴったりの家電の選び方や便利で長持ちする使い方などを家電マニアがまとめています。

RC-10VPH

RC-10VPH

2014年夏 発売

銀シャリの極みへ・・・
国内初の電気釜メーカーがつくる保温釜

備長炭本丸鉄釜

  • ポイント① 丸釜
    側面の丸みが熱対流に最適なのは必至。
  • ポイント② 鉄
    IHヒーター効率の良い”鉄”を発熱体に採用し、また熱伝導の観点からはアルミを併用し、内釜全体を素早く高温にしている。
    大火力で沸騰して炊飯している証しとしては”カニ穴”がたくさん開いているのを見てほしいもの。
  • ポイント③ 備長炭
    内蓋、内釜、内枠リングにコーティング。
    炊飯時だけでなく、蒸らし、保温時の効果も高い。
  • ポイント④ 真空機能(東芝のオンリーワン機能)
    プロ料理人が意識するひたし、これを真空技術が実現しました。
    真空機能は保温時のごはんの黄ばみやニオイを抑えることにも最適です。
  • ポイント⑤ 可変圧力コントロール
    かまど炊きの重い木蓋の再現。好みの食感の炊き分けが可能。
    たとえば・・1.2気圧では→お弁当に最適の食感です。とにかく      冷めてもおいしい と好評です。
          玄米や早炊きにも。 
  • ポイント⑥ 炊飯コース
    本格的な炊飯には・・かまど名人コース
    忙しい毎日に最適な・・そくうまコース(かまど名人コースの半分の時間30分弱で、真空ひたしと圧力炊飯のなせる技)
    古米に最適・・ふっくら古米コース(真空の吸水力が実力発揮)
  • ポイント⑦ 着脱丸洗い内蓋&蒸気口
    着脱がとってもやり易い、試してみよう
    ツユ受けがステンレスで汚れが付きにくく簡単に拭き取れる

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional